文字サイズ

    新大学入試英語、従来型マークシートと民間併存

     国立大学協会は10日、広島市で総会を開き、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語について、23年度まで従来型のマークシート式と実用英語技能検定(英検)などの民間試験の両方を全国立大の受験生に課すことを決めた。

     総会後の記者会見で山極寿一会長(京都大学長)は、使用する民間試験が未確定で、受験料の負担軽減策など課題も多いとし、「文部科学省は早急に検討し、詳細を示すべきだ」と述べた。

     文科省は共通テストで、英語の「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測る目的で民間試験を利用するが、マークシート式も23年度まで「併存」させる方針。

    2017年11月11日 07時54分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP