文字サイズ

    鉄橋近くでドローン、「撮り鉄」男を書類送検

     電車の走行風景を撮影しようと、小型無人機「ドローン」を鉄橋近くで飛行させたとして、千葉県警松戸署は6日、同県浦安市の会社員の男(54)を航空法違反容疑で千葉地検松戸支部に書類送検した。

     発表によると、男は8月19日午前6時5分頃、国土交通相の承認を得ずに、同県松戸市下矢切の「北総線江戸川きょうりょう」付近で、橋から省令で定める距離(30メートル)を保たず、ドローン(重さ約300グラム)を飛行させた疑い。男は「迫力ある映像を撮りたくて、どんどん近づかせてしまった」などと話しているという。

     鉄橋近くの同線矢切駅の駅員が「男がドローンを橋に落下させた」と通報し、同署が捜査していた。

    2017年12月06日 23時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!