文字サイズ

    心肺停止女性乗せた救急車事故、到着10分遅れ

     6日午後9時40分頃、宮城県登米市中田町石森の国道346号交差点で、緊急走行中の同市消防本部の救急車と乗用車が出合い頭に衝突した。

     救急車は心肺停止状態の市内の80歳代女性を乗せており、別の救急車で搬送したが、病院への到着が約10分遅れた。女性は、病院で死亡が確認された。事故でのけが人はなかった。

     同市消防本部によると、女性は自宅の浴槽で沈んでいるのを家族が見つけ、搬送されていた。同市消防本部は「死亡と事故の因果関係は調査中」としている。

    2017年12月07日 10時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!