文字サイズ

    強豪野球部監督、部員の腹蹴り顔平手打ち…退任

     私立北海道栄高校(北海道白老町、渡辺和弘校長)野球部監督の男性教諭(45)が11月、部員の3年生の男子生徒に体罰を加えたとして、3か月の停職処分を受けていたことがわかった。

     部員にけがはなかった。処分は同月21日付で、監督から退任した。

     同校によると、男性教諭は11月2日の授業中、部員の腹を蹴ったり、顔を平手打ちしたりするなどした。教諭は、部員が進学などのためにアルバイトに就く許可を学校側に申請していると知り、授業中に部員に直接不満を述べる中で激高したという。

     教諭は同日中に部員や保護者へ謝罪。同校では教諭を出勤停止とし、経緯を道高校野球連盟に報告した。渡辺校長は取材に「期待が大きかった部員への指導が行き過ぎた結果だが、体罰は許されない。指導を徹底したい」と話している。

     同校は2006年の選抜高校野球大会に出場。今年の秋季道高校野球大会でもベスト4入りした強豪校。

    2017年12月07日 14時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!