文字サイズ

    DVに支援無く「絶望的」、夫殺害妻に酌量減軽

     自宅で高齢の夫の首を電気コードで絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた京都府福知山市の無職女性被告(82)に対し、地裁は10日、同罪の法定刑の下限(懲役5年)を下回る懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。

     中川綾子裁判長は、「被告は重いうつ病で、夫から暴力を受けていたが、周囲からの十分な支援はなく、絶望的な状況だった」と指摘、「強く非難できず、同情に値する」として酌量減軽を適用した。

     判決では、被告は昨年2月4日朝、福知山市内の自宅で、2人暮らしだった夫(当時87歳)の首を電気コードで絞めて窒息させ、殺害した。

     判決後に元裁判員らが記者会見し、20歳代の女性は「法律家の立場からは、量刑にばらつきがあると言われるかもしれないが、市民感覚で決めた」と話した。

    2018年01月11日 15時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集