<速報> 「イプシロン」3号機、打ち上げに成功
    文字サイズ

    不正転売チケット、仲介3社に出品削除を要請へ

     チケット転売の仲介サイト「チケットキャンプ」を巡る詐欺事件で、京都府警は、他の大手仲介サイトや、フリマアプリ「メルカリ」などの運営会社3社に対し、転売目的を隠して不正入手した疑いがあるチケットの出品を、削除するよう要請する。

     チケットキャンプ側が府警などの捜索を受けた昨年12月以降、多数のチケットが3社に流れており、対策が必要と判断した。

     府警は11日、歌手・安室奈美恵さんのライブチケットを転売する目的を隠し、他人名義で購入したとして、運営会社「フンザ」(東京)の元社長・笹森良(38)、大阪市中央区の転売業者「HIT」(ヒット)社長・桃原勇雄(42)両容疑者ら計4人を詐欺容疑で書類送検した。

     HITは同サイトで最も大口の出品者で、入手したチケットをサイトで転売し、2年半の間に約10万枚、30億円を売り上げていた。笹森容疑者は不正入手を知りながら、サイトの業績を上げるために大量出品を促したといい、府警は共犯にあたるとしている。

    (ここまで419文字 / 残り443文字)
    2018年01月12日 06時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集