文字サイズ

    電動車いす女性が踏切で立ち往生、はねられ死亡

    • 女性が乗っていた電動車いす(手前)(12日午後4時45分、兵庫県高砂市で)
      女性が乗っていた電動車いす(手前)(12日午後4時45分、兵庫県高砂市で)

     12日午後3時30分頃、兵庫県高砂市米田町島のJR山陽線宝殿ほうでん―曽根間の東川あずまがわ踏切で、電動車いすに乗った高齢女性が踏切内で立ち往生し、網干発米原行き上り普通電車(8両編成)にはねられて死亡した。

     同県警高砂署によると、女性は警報機が鳴った後、遮断機が下りる前に踏切に進入したとみられるという。同署は女性の身元の確認を進めている。

     JR西日本によると、電車の運転士が約300メートル手前で見つけ、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。乗客約300人に、けがはなかった。踏切は車1台が通れるほどの幅で、長さは約10メートル。

     この事故で山陽線の上下23本が運休、同12本が最大約1時間40分間遅れ、約1万4000人に影響した。

    2018年01月12日 21時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集