<速報> 横綱・白鵬が初場所5日目から休場
    文字サイズ

    「息子かわいさ」…採用汚職、前校長ら有罪判決

     山梨市の職員採用を巡り、望月清賢せいき・前市長(70)に現金80万円を贈ったとして、山梨県甲州市立大和中学校前校長、萩原英男被告(58)と、元山梨市収入役、滝沢博道被告(73)が贈賄罪に問われた事件。

     東京地裁(島田一裁判長)は12日、2人にいずれも懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。

     2人は、いずれも黒いスーツにネクタイ姿で出廷した。

     事件について、島田裁判長は「情実採用を排し、公正かつ公平であるべき任用制度に対する信頼を揺るがす悪質なもの」と指摘。萩原被告を「公立中学校の校長という立場にありながら、自らの息子かわいさに安易に犯行を決断した」、滝沢被告を「市長への賄賂の供与を助言し、市長との面談を取り次ぐなど、贈賄を主導した」と批判した。ただ、萩原被告について「教員として長年真面目に勤務し、懲戒免職処分を受けている」、滝沢被告について「地域社会の要職に就いて市民のために尽力してきた」として執行猶予をつけた。

     判決によると、2人は2017年2月8日、望月前市長に対し、職員採用試験で補欠合格だった萩原被告の息子が早期に採用されるように依頼し、その謝礼として現金80万円を手渡した。

     萩原被告の息子は17年4月に採用され、現在も山梨市に勤務している。

     2人から80万円を受け取った受託収賄罪などに問われた望月前市長は17年12月、東京地裁で懲役3年、執行猶予5年、追徴金80万円の判決を言い渡され、確定している。

     閉廷後、滝沢被告は報道各社に対して「判決に不満はなく、真摯しんしに受け止めている。山梨市や多くの関係者に心からおわびしたい」と述べた。(中山潤)

    2018年01月13日 10時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集