文字サイズ

    景品取れないクレーンゲーム…被害相談6千万円

     絶対に景品が取れないクレーン型ゲーム機による詐欺事件で、大阪府警は13日、さらに客2人からゲーム代金をだまし取ったとして、大阪市のゲームセンター運営会社「アミューズメントトラスト」社長・大平おおだいら剛史容疑者(33)ら2人を詐欺容疑で再逮捕した。

     府警によると、全国から約300件の被害相談があり、総額は約6000万円に上る。

     発表では、2人は昨年12月7日、大阪市中央区の道頓堀店で、景品をつり下げたヒモをハサミで切るゲーム機に景品が取れないよう細工し、千葉県から来た20歳代の女性2人に「次はいける」などと言って遊ばせ、代金計1万3000円を詐取した疑い。大平容疑者は否認しているという。

    (ここまで300文字 / 残り121文字)
    2018年01月14日 08時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集