文字サイズ

    出入り口への殺到回避「平泳ぎ避難」の検証実験

    • 平泳ぎのように手を動かしながら避難する職員ら
      平泳ぎのように手を動かしながら避難する職員ら

     大地震などの際、避難者が建物の出入り口に殺到して混乱するのを避ける「平泳ぎ避難」の検証実験が13日、三重県鈴鹿市飯野寺家町の市消防本部で行われた。

     平泳ぎ避難は、東京大学の西成活裕教授(渋滞学)の理論をヒントに同本部職員が考案。非常時は避難口に人が押し寄せ、パニックになる危険があるが、平泳ぎ避難では、水泳の平泳ぎのように手を動かして互いの間隔を確保しながら避難する。先月には市文化会館でコンサートの最中に地震が起きたとの想定で初めて平泳ぎ避難を試行していた。

     この日は、職員約110人が検証実験に参加。コンサートの立ち見席や満員電車、地下街などからの避難を想定し、通常の避難と平泳ぎ避難に分かれて避難口の混雑状況をビデオ撮影したり、避難に要する時間を計測したりした。

     その結果、通常の避難では、避難口に人が殺到して体の自由を奪われたが、平泳ぎ避難では、大きな混乱もなく避難が行われた。中央消防署西分署の兼丸拓己司令補(41)は「通常の避難では押しくらまんじゅう状態で、心理的にも恐怖感を感じたが、平泳ぎだと空間ができて安全だと実感できた」と話した。中西貞徳消防長は「職員が経験することに意義がある」と述べ、検証結果を論文にまとめて公表する考えを示した。

    2018年01月14日 13時45分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集