文字サイズ

    75歳以上ドライバー、「軽」の致死率1・6倍

     75歳以上の高齢ドライバーの乗車中の事故の致死率は、軽乗用車が普通乗用車に比べて1・6倍に上ることが、警察庁への取材でわかった。

     車種別の致死率が明らかになるのは初めて。衝撃が伝わりやすい軽乗用車の場合、身体の弱い高齢者が肋骨ろっこつなどを骨折するケースが多いことが原因とみられる。専門家は、軽乗用車の安全機能の強化が必要だと指摘している。

     同庁によると、昨年1~11月末の75歳以上の軽乗用車の致死率は1・22%。普通乗用車は0・77%だった。75歳未満の場合、軽乗用車の致死率は0・59%で、半分以下の水準。普通乗用車は0・47%だった。75歳以上の軽乗用車が突出して、致命傷を受ける割合が高いことになる。

    (ここまで308文字 / 残り555文字)
    2018年02月12日 08時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    美術展ナビ開設記念 プラド展特別鑑賞会などにご招待