文字サイズ

    大雪で消雪用増加し地下水枯渇、地盤沈下の恐れ

    • 地下水が枯渇し、利用できなくなったコインパーキング(6日、高岡市御旅屋町で)
      地下水が枯渇し、利用できなくなったコインパーキング(6日、高岡市御旅屋町で)

     富山県内でこの冬、地下水の減少が深刻だ。

     富山市内の観測地点で、地下水が「安全水位」を下回ったのは、2016年度は7日、15年度は4日だったが、今年度は1月だけで12日にのぼった。大雪の影響で地下水を使う消雪装置の使用が増えたことが要因で、県は「地盤沈下などの影響が出る可能性もある」として節水を呼びかけている。

     大和高岡店(高岡市御旅屋町)に隣接する駐車場では、5日から消雪装置の水が出なくなり、6日は終日、駐車場の利用を中止した。地下水の枯渇が原因で、担当者は「こんなことは初めて」と驚く。

     県は現在、富山市奥田北、高岡市能町、射水市作道の3か所で、24時間体制で地下水の水位を観測している。富山市の観測地点の場合、地下水の平均水位(昨年度)は地下2メートル。地下水の使用が増えると水位が下がるが、地下10メートルの「安全水位」を下回ると、地盤沈下や、水圧が低下して海水が流れ込む「塩水化」が起きる恐れがある。地下水は農業や工業用としても使われているため、塩水化は経済活動に打撃となる。

     今年度、安全水位を下回ったのは、富山市の観測地点では1月に12日、2月に4日(8日現在)だった。高岡市では1月に6日、2月に6日(同)、射水市は1月に6日、2月に4日(同)だった。高岡市と射水市では、15、16年度に安全水位を下回った日はゼロで、今年度は地下水の減少が顕著だという。

     県によると、2016年度の地下水利用量は約1億1000万立方メートル。このうち消雪装置での利用は全体の2割を占め、工業用に次いで多かった。雪が多かった11年度は、消雪装置での利用は全体の4割弱を占めたという。

     県環境保全課は、積雪がないときはこまめに散水を止めたり、通常3度に設定されている作動条件気温を1~2度下げるなど、節水の具体的な方法を示し、対策を呼びかけている。

    2018年02月12日 13時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    美術展ナビ開設記念 プラド展特別鑑賞会などにご招待