文字サイズ

    1歳児を車に放置し死亡、男に懲役6年6月判決

     大阪市で2016年4月、交際相手の長男(当時1歳)を車に放置して死なせたなどとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた無職大島祐太被告(23)の裁判員裁判で、大阪地裁は13日、懲役6年6月(求刑・懲役9年)の判決を言い渡した。

     増田啓祐裁判長は、「幼児を10時間以上置き去りにした悪質な犯行」と述べた。

     判決によると、大島被告は16年4月23日、交際していた鈴木玲奈被告(26)(公判前整理手続き中)とホテルに泊まるため、鈴木被告の長男の琉聖りゅうせいちゃんと長女(当時3歳)を車内に放置。琉聖ちゃんを熱中症で死なせ、遺体をクーラーボックスに遺棄するなどした。

     大島被告は、これまでの公判で「親子のように保護する責任はなく、熱中症の危険があるとは思っていなかった」などと主張していた。

    2018年02月13日 16時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    美術展ナビ開設記念 プラド展特別鑑賞会などにご招待