文字サイズ

    バス運転手、スマホ預けずLINE70回…解雇

     京都市バスの一部の運行を市から委託されている西日本ジェイアールバス(大阪市)は13日、同市バスに乗務中、私有スマートフォン(スマホ)を計70回操作していたとして、男性運転手(25)を6日付で懲戒解雇したと発表した。

     同社によると、運転手は1月27日~2月1日の乗務中、信号待ちの間や発車直後に私有スマホで無料通話アプリ「LINE(ライン)」のメッセージを確認したり、送信したりしていた。

     運転手が1日朝、京都市下京区の停留所で、停車中にスマホを操作しているのを通行人が見つけ、市に連絡。同社がドライブレコーダーの映像で確認した。

     同社の規定では、乗務前に私有携帯やスマホを預けなければならないが、運転手は所有するスマホ2台のうち1台は預けたものの、もう1台は車内に持ち込んでいた。

    2018年02月14日 10時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    美術展ナビ開設記念 プラド展特別鑑賞会などにご招待