文字サイズ

    「悪ふざけで十数回」巡査長、後輩警察官に銃口

     後輩の警察官に実弾入りの拳銃を向けたとして、大阪府警は14日、此花署地域課の男性巡査長(26)を銃刀法違反(加重所持)の疑いで書類送検した。

     府警は同日、巡査長を停職6か月の懲戒処分にし、巡査長は依願退職した。「悪ふざけで約2年前から十数回やった」と供述しているという。

     発表によると、巡査長は昨年12月27日朝、同署のエレベーター内で、いずれも後輩で20歳代の男性巡査長と女性巡査の後ろから名前を呼び、それぞれの首付近に実弾5発入りの回転式拳銃を向けた疑い。

     2015年11月頃から十数回、同署内や交番で後輩警察官計4人に拳銃を向けていたといい、「コミュニケーションをとるためだった」と話しているという。

     府警の宮田雅博監察室長は「拳銃を不適正に取り扱った行為であり、厳正に処分した」とコメントした。

    2018年02月14日 20時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    美術展ナビ開設記念 プラド展特別鑑賞会などにご招待