文字サイズ

    英語・中国語・韓国語…嵐山の名所、竹に落書き

    • 散策路の竹に彫られた落書き(17日、京都市右京区で)=長沖真未撮影
      散策路の竹に彫られた落書き(17日、京都市右京区で)=長沖真未撮影

     京都市は17日、嵐山の観光名所「竹林の小径こみち」近くの散策路で、100本以上の竹に落書きが見つかったと発表した。

     ほとんどは英語や中国語、韓国語などの外国語で、日付や名前などが刃物のようなもので彫られており、「ここまで来た」という意味の中国語もあった。市は外国人観光客らが落書きしたとみて注意を呼びかける。

     散策路は、竹林の小径の北にある市有地(約3800平方メートル)。古都保存法に基づく「歴史的風土特別保存地区」で、市が2015年に整備した。

     市などによると、今年2月頃から増えたといい、管理を委託している業者からの連絡で、市が4月下旬に被害を確認。業者が3か国語で落書きを禁じる貼り紙をしている。

     業者によると、傷つけられた竹を放置すれば、地下茎でつながった周囲の竹まで腐るため早期に伐採する必要があるという。市は「景観が台無しになる。効果的な啓発方法を考えたい」としている。

    2018年05月17日 20時17分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    観戦券ほか巨人軍アイテムをプレゼント!