文字サイズ

    知人同士の男8人が共謀、女性を性的暴行の疑い

     集団で女性に乱暴したとして、富山中央署は11日、富山市と富山県射水市に住む25~31歳の男8人を強制性交容疑で逮捕した。

     逮捕されたのは、会社員堀下峻(30)(射水市上野)、自称会社員村中圭介(31)(同市黒河)、自称会社員郷倉郁也(30)(同)、自称無職上谷知也(30)(富山市開)、自称会社員土林礼征(27)(同市婦中町吉谷)、会社員後田知之(30)(射水市中老田新)、自称会社員端保貴大(25)(富山市婦中町東谷)、会社員松本浩之(30)(射水市椎土)の8容疑者。

     発表によると、8人は共謀し、10日午前6時~同8時頃、富山市内のアパートで20歳代女性の手足を押さえつけるなどした上で性的暴行を加えた疑い。

     女性と8人は初対面で、男たちが同市内の路上で女性に声をかけて飲食店に寄った後、容疑者のうち1人のアパートに連れ込んだという。8人のうち一部は「合意があった」との趣旨の供述をしており、容疑を否認している。8人は知人同士だという。

    2018年06月13日 19時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集