文字サイズ

    時効成立27時間前、強姦容疑で会社社長を逮捕

     2008年に女性に乱暴したとして、埼玉県警川口署は14日、同県川口市戸塚、建設会社社長野沢徹容疑者(37)を強姦ごうかん(現・強制性交)容疑で逮捕したと発表した。逮捕は13日夜と強姦罪の時効(10年)成立の約27時間前だった。さいたま地検は14日、野沢容疑者を同罪でさいたま地裁に起訴した。

     同署の発表によると、野沢容疑者は08年6月14日午後11時頃~15日午前2時頃、川口市内で、当時10歳代後半の女性を「大声を出したら、ナイフで刺すぞ」などと脅して公園などに連れて行き、乱暴した疑いで逮捕された。2人に面識はなく、調べに対し、野沢容疑者は「記憶にない」と容疑を否認している。

     捜査関係者によると、今年4月頃、現場に残された遺留物から採取したDNA型が野沢容疑者のものと一致したため、5月に指名手配していた。

    2018年06月14日 20時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集