現在位置は です

本文です

選手・関係者の死亡事故、冬季五輪で過去4件

 AP通信などによると、過去の冬季五輪で練習中などに選手や関係者が事故死したケースは4件。

 1964年インスブルック大会では、開幕前に豪州のスキー選手が滑降の練習中に木に衝突して死亡したほか、英国のリュージュ選手も練習中に衝突死した。88年カルガリー大会では、オーストリアのチームドクターが雪上車にひかれて死亡した。92年アルベールビル大会では、スイスのスピードスキー選手が決勝前の練習中に雪上車と激突、死亡した。

 夏季五輪では、2000年シドニー大会で、ナイジェリアの陸上選手が道路横断中に車にはねられて死亡したケースなどがある。

2010年2月13日10時00分  読売新聞)


現在位置は です