現在位置は です

本文です

読み聞かせも「金」…松本薫選手がボランティア

子どもたちに絵本の読み聞かせをする松本選手(29日午前、山口県下関市の大坪子育て家庭支援センターで)=秋月正樹撮影

 ロンドン五輪柔道女子57キロ級の金メダリスト松本薫選手(24)が29日、山口県下関市の大坪子育て家庭支援センターを訪れ、絵本の読み聞かせを行い、子どもたちとの交流を楽しんだ。

 松本選手が所属する健康食品販売会社「フォーリーフ ジャパン」(本社・大阪市)が全国で行っている読み聞かせボランティア活動の一環。

 親子ら約30人に大きな拍手で迎えられた松本選手は「応援ありがとうございます」とあいさつ。食べ物をテーマにした絵本を手に、果物などの絵を示して「これなぁに?」と問いかけると、子どもたちが大きな声で答えていた。

 試合とはうって変わり、終始笑顔で優しい雰囲気。「子どもたちの素直な反応に新鮮な気持ちになった。さらに成長して、子どもたちに夢を与えられる柔道家になりたい」と話していた。

2012年8月29日12時43分  読売新聞)

今週のPICK UP

PR