現在位置は です

本文です

やり投げ・ディーン元気、五輪内定…村上破る

男子やり投げで、84メートル03を出したディーン元気の4投目=多田貫司撮影

 陸上・第96回日本選手権兼ロンドン五輪代表選考会第2日(9日・大阪長居陸上競技場=読売新聞社など後援)——男子やり投げ決勝は、ディーン元気(20)(早大)が84メートル03で初優勝し、五輪代表に内定した。

 大会12連覇中の村上幸史(32)(スズキ浜松AC)は83メートル95で2位だった。

2012年6月9日20時03分  読売新聞)

今週のPICK UP

PR