文字サイズ

    トラック・混成

    9秒台は出ず…ケンブリッジ飛鳥10秒16でV

    • 男子100メートル決勝で優勝したケンブリッジ飛鳥(中央、右は2位の山県亮太、左は3位の桐生祥秀)(25日)=金沢修撮影
      男子100メートル決勝で優勝したケンブリッジ飛鳥(中央、右は2位の山県亮太、左は3位の桐生祥秀)(25日)=金沢修撮影

     リオデジャネイロ五輪の最終代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権(読売新聞社など後援)が25日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで行われ、男子100メートル決勝は、ケンブリッジ飛鳥(ドーム)が10秒16で初優勝し、リオデジャネイロ五輪代表に決まった。

     山県やまがた亮太(セイコー)が2位。桐生祥秀(東洋大)は3位に終わったが、日本陸連が定めた派遣設定記録(10秒01)を突破しており、「派遣設定記録を突破した選手の中で8位以内に入った最上位の選手」との選考基準を満たし、代表に決まった。風は向かい風0・3メートルだった。

    2016年06月25日 20時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP