文字サイズ

    リオ五輪、6日開幕…日本は27競技に338人

    • 五輪マークの前で記念撮影するボランティアら(4日、ブラジル・リオデジャネイロの五輪公園で)=金沢修撮影
      五輪マークの前で記念撮影するボランティアら(4日、ブラジル・リオデジャネイロの五輪公園で)=金沢修撮影

     【リオデジャネイロ=読売取材団】史上初めて南米大陸で開かれる第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会は、5日午後8時(日本時間6日午前8時)に開会式が始まり、21日までの17日間にわたる熱戦が幕を開ける。

     今大会には史上最多の205か国・地域から1万人を超える選手が参加を予定。112年ぶりに復帰したゴルフと初採用の7人制ラグビーを含め、28競技306種目が実施され、2020年東京大会を控える日本は27競技に出場し、選手は338人に上る。

     大会を前にロシアの国ぐるみのドーピングが発覚し、同国の選手は当初エントリーから100人以上少ない約270人。また、初めて「難民選手団」が結成され、10選手が出場する。

    (ここまで303文字 / 残り202文字)
    2016年08月05日 22時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP