文字サイズ
    フィギュアスケート

    [国別対抗戦]樋口新葉、シニア1年目の集大成に

    • 世界選手権・女子 好演技を見せた樋口新葉のショートプログラム(2017年3月29日、フィンランド・ヘルシンキで)
      世界選手権・女子 好演技を見せた樋口新葉のショートプログラム(2017年3月29日、フィンランド・ヘルシンキで)

     フィギュアスケート女子で、世界選手権に初出場し、11位となった樋口新葉(わかば)(16)(東京・日本橋女学館高)が読売新聞のインタビューに答え、シニア初参戦となった今季について「波のあるシーズンだった」と語った。

     世界選手権はフリーでミスが出て、満足のいく滑りではなかった。それだけに、シーズン最終戦の世界国別対抗戦(4月20日開幕)で出場機会を得たことに「世界選手権は納得して終われなかった。すごく、うれしい」と感謝している。

     世界ジュニア選手権で2年連続3位など、ジュニアの国際舞台で活躍してきたが、シニア1年目の今季は勝手が違った。

     グランプリ(GP)シリーズのフランス杯(昨年11月)で3位と快調なスタートを切り、昨年末の全日本選手権は2位。ところが、2月の四大陸選手権は9位で、世界選手権も不完全燃焼に終わった。平昌五輪がある来季を気持ちよく迎えるためにも、「今シーズンは波のあるシーズンだったと思うので、いい状態で締めくくれれば」と意気込む。

     今季を通して痛感したのは安定感の大切さ。「練習でいい滑りができていても、試合で駄目になることもあるし、逆に練習で悪くても試合でできたこともあった。そこが、いつもできるようにしないといけない。(成長期で)体重の管理もすごく難しくなってきたので、食事についてもよく考えるようになった」という。

    • 今季は「大人っぽい曲」に挑戦したと語る樋口新葉(2017年4月5日、東京都港区のテレビ朝日で)
      今季は「大人っぽい曲」に挑戦したと語る樋口新葉(2017年4月5日、東京都港区のテレビ朝日で)

    表現力磨き、飛躍のきっかけつかみたい

    • 全日本選手権・女子 華麗なフリーの演技で2位になった樋口新葉(2016年12月25日、大阪東和薬品RACTABドームで)
      全日本選手権・女子 華麗なフリーの演技で2位になった樋口新葉(2016年12月25日、大阪東和薬品RACTABドームで)

     ジュニア時代に、けがに苦しんだ経験があるだけに、体調管理には気を配る。「ウォーミングアップとクールダウンはしっかりやっている。でも、練習量が増えたり、シーズン後半で疲れがたまってきたりすると、けがをしやすくなる。なるべく、けがを減らせるようにしたい」と力を込める。

     今季途中からは、トレーナーの指導を受けるようになった。「自分でストレッチをしていた時は、何をしたらいいか分からない時もあった。トレーナーさんがついてからは、他人の目でしっかり見てもらえているので、ここの筋肉が硬いとか、ここが動いているとかが、よく分かるようになった」と変化を実感する。

     今季はプログラムも「大人っぽい曲」に挑戦。「今まで全然、目がいっていなかった」という表現力の向上に力を入れた。「すごく練習してきたので、段々良くなってきている。まだ、足りない部分もあるけど、もっと良くできたら」。バレエ鑑賞などを通してアンテナを広げ、感覚を磨いてきた。

     成長するヒントをつかむ意味でも、世界国別対抗戦は絶好の機会だ。「女子も男子も世界のトップスケーターが滑る。そこで何か、自分にもできそうなことや、『やってみたい』と感じることがあれば、勉強になると思う。ほかの選手たちの演技を、しっかり見ておきたい」。飛躍のきっかけをつかみにいく。

    ◆世界国別対抗戦(4月20~22日・代々木体育館)

    • 世界国別対抗戦の出場メンバーに選ばれた(左から)宇野昌磨、羽生結弦、三原舞依、樋口新葉
      世界国別対抗戦の出場メンバーに選ばれた(左から)宇野昌磨、羽生結弦、三原舞依、樋口新葉

     世界ランク上位6か国(カナダ、ロシア、米、日本、中国、仏)が出場し、男女各2選手とペア、アイスダンスの各1組がショートプログラムとフリーの演技を行い、それぞれの順位点の合計で競う。日本は3大会ぶり2度目の優勝を目指す。男子は羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(中京大)が、女子は三原舞依(神戸ポートアイランドク)と樋口新葉が出場する。ペアの須藤澄玲(すみれ)(神奈川ク)、フランシス・ブードロオデ(カナダ)組と、アイスダンスの村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)も出場する。

    ◆あわせて読みたい
    スライドショー~浅田真央ヒストリー
    スライドショー~世界フィギュア2017で羽生結弦が逆転V
    絶対王者・羽生復活、宇野わずかに及ばず…世界フィギュア分析
    フィギュア世界選手権…高得点化する男子で羽生結弦、宇野昌磨は
    なぜ宇野は勝てたか…データでみる男子フィギュア
    引退表明・浅田真央ブログ全文

    2017年04月19日 09時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP