文字サイズ
    企画・連載

    [平昌へ 期待のエース]4回転 異次元の滑り…平野歩夢(2018年1月4日)

      平昌 ( ピョンチャン ) 五輪が、来月9日に幕を開ける。選手らの様々な思いが注がれる冬の祭典。決戦を前にした日本のエースたちの決意と胸中に迫る。

    ◇スノーボード男子ハーフパイプ 平野歩夢 19(木下グループ)

    • 今季のW杯で2度優勝し、平昌五輪でも金メダルの期待がかかる平野歩夢(昨年12月、米コロラド州カッパーマウンテンで)=若杉和希撮影
      今季のW杯で2度優勝し、平昌五輪でも金メダルの期待がかかる平野歩夢(昨年12月、米コロラド州カッパーマウンテンで)=若杉和希撮影

     ◆大けが乗り越え 自信の大技

     1センチ打ち所がずれていたら亡くなっていたかもしれないぞ――。医師にそう言われるほどの大けがだった。

     昨年3月、米国での国際大会で縦2回転を組み込んだ最高難度の横4回転技に挑んだ際、着地に失敗し、氷の壁に全身を打ちつけた。左膝靱帯(じんたい)損傷に加えて肝臓も痛め、約2週間の安静を余儀なくされた。

     帰国後の5月には、肝臓は日常生活に支障がない程度まで回復した。しかし、左膝の自由が利かない。恐る恐るリハビリを始め、再びスノーボードに乗ったのは平昌五輪を8か月半後に控えた5月下旬だった。

     けがをして初めて、日常の生活と自信を失った。「常にスノーボードを履いて滑っていたので、自分の目の前に本来あるものがない感じだった。今までの行動を失ったような感覚。同時に自信が不安定になり、気持ちも弱くなった。すごく時間が長く感じました」

     9月、復帰戦となったニュージーランドでのワールドカップ(W杯)今季開幕戦で2位に入り、「感覚がちょっと戻ってきた」と一つ息を吐いた。そして、12月に米コロラド州カッパーマウンテンで行われたW杯第2戦。決勝1回目でトップに立ち、2回目に繰り出したのが、負傷した時と同じ4回転技だった。

     恐怖心は既になかった。「最初から優勝を狙って大会に臨んでいたから、攻めていこうと思っていた」。完璧な着地で勢いを加速させると、続けて3回転、3回転半の技を成功させ、五輪を2度制したショーン・ホワイト(米)らを突き放す高得点をマークした。

     だが、これで終わらせないのがエースの生き方だ。

     決勝3回目では連続の4回転技に臨み、会場の度肝を抜いた。二つ目の着地で尻をつき得点は伸ばせなかったものの、果敢に攻め続けてW杯通算2勝目を挙げた姿に、米国のファンから万雷の拍手が注がれた。

     「けがをして、挫折や気持ちの切り替えの難しさもあった。でも、本当に自分が目指すところを信じることでしか、自分を立て直すことができなかった。常に目指しているのは、ほかの選手が全開でパフォーマンスしても、それを上回れる圧倒的な滑り。やっと自分のスノーボードが帰ってきたなという感触がある」

     続く中国でのW杯第3戦では、第2戦を上回る高得点で2連勝を飾った。「当然、優勝を狙ってずっと練習してきた」という平昌に向け、圧倒的な滑りが金色の輝きを放ちつつある。(田中潤)

     

    • 平野歩夢選手
      平野歩夢選手

     ◇ひらの・あゆむ 1998年生まれ。新潟県村上市出身。15歳で臨んだ2014年ソチ五輪で、雪上競技では世界歴代最年少のメダリストとなる銀メダルを獲得。W杯は13~14年シーズンに初優勝し、今季に2勝を挙げている。1メートル60、50キロ。

     

     〈スノーボード・ハーフパイプ〉

     管(パイプ)を半分に切ったようなU字形のコースを舞台に、左右の壁から飛び出す5~6回の空中技で総合的な得点を競う。4回転技は「1440」(360度×4、読み方はフォーティーンフォーティなど)と呼ばれ、体の方向や縦回転との組み合わせなどで様々な種類がある。

    あわせて読みたい

    ・[平昌へ 期待のエース]キングへ「動き」追求…渡部暁斗(2018年1月5日)

    ・[平昌へ 期待のエース]金へスイッチオン…小野塚彩那(2018年1月8日)

    ・[平昌へ 期待のエース]けた違いの推進力…高木美帆(2018年1月11日)

    2018年01月18日 11時37分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    おすすめ

    記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
    OARはロシアからの五輪選手
    日本の獲得メダル 4 5 4
    国別メダル
    1 norノルウェー 14 14 11
    2 gerドイツ 14 10 7
    3 canカナダ 11 8 10
    7 kor韓国 5 8 4
    11 jpn日本 4 5 4

    2/25 17:17

    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら