平昌オリンピック スピードスケート 競技紹介

    スピードスケート

    スピードスケート

     第1回冬季五輪から実施されている。1998年長野五輪直前にスケート靴のかかと部分から刃が離れる「スラップスケート」が急速に広まり、以来、記録が飛躍的に向上した。

    【実施種目】

     男子=500メートル、1000メートル、1500メートル、5000メートル、10000メートル、マススタート、団体追い抜き

     女子=500メートル、1000メートル、1500メートル、3000メートル、5000メートル、マススタート、団体追い抜き

    【競技フォーマット】


    ▽個人種目

     レースは2人1組で実施し、ランキング、持ちタイムなどに基づいて組み合わせを決める。ただし、第1組は1人で実施する場合がある。500メートルは長野五輪以降、イン、アウト両方のレーンから2レースを滑り、合計タイムで争っていたが、平昌五輪からは1回勝負に戻る。

     1周400メートルのダブルトラック。内側と外側の異なるスタートレーンからスタートし、交差区域(バックストレート)に達するごとに内側と外側のレーンを交換して滑走する。交差区域では外側レーンからの選手に優先権がある。

     タイムは1000分の1秒まで計測した上で、1000分の1秒以下を切り捨てる。100分の1秒までで同タイムの場合は1000分の1秒まで表示して、順位を決める。


    ▽マススタート

     ワールドカップでは2014~15年シーズンから実施。平昌五輪で新種目となった。

     1周400メートルを16周し、4周通過(4周、8周、12周)ごとに上位3人に付与される中間ポイント(5、3、1点)と、ゴール順位の最終ポイント(60、40、20点)の合算で順位が決まる。ただし、最終ポイントの割合が高いため、最終的に1-3着でゴールした選手が1-3位となる。

     4位以下は中間ポイントによって順位が決まり、ポイントのない選手はフィニッシュ順となる。個人種目ではあるが、同一国内の選手が戦略やレース展開に応じて協力し合う駆け引きも見もので、団体戦の要素もある。


    ▽団体追い抜き

     チームパシュートとも呼ばれ、ワールドカップなどでは2004~05年シーズンから採用。06年トリノ五輪から正式種目に加わった。出場は8か国。2チームがリンクのホーム、バック各サイドから同時にスタート。各チームの3人が同時に滑って争い、3人目の選手がゴールラインを通過したタイムがそのチームの記録となる。

     1周400メートルを女子は6周、男子は8周。1回戦はタイムで競い、上位4チームが準決勝へ進む。準決勝からは対戦勝ち抜き方式。各国は4人の登録選手を入れ替えながら戦うことができる。

    記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
    OARはロシアからの五輪選手

    おすすめ

    最新ニュース

    日本の獲得メダル 4 5 4
    国別メダル
    1 norノルウェー 14 14 11
    2 gerドイツ 14 10 7
    3 canカナダ 11 8 10
    7 kor韓国 5 8 4
    11 jpn日本 4 5 4

    2/25 17:17

    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら