文字サイズ

    W杯最多まであと1勝、高梨出場予定の大会中止

     国際スキー連盟(FIS)は28日、ルーマニアのルシュノフで来年1月6、7日に予定されていたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人第5、6戦が、雪不足のために中止となったと発表した。

     平昌五輪後の3月上旬に代替試合を開催する可能性がある。

     ルシュノフ大会には、日本からは高梨沙羅(クラレ)だけが出場を予定していた。高梨は男女を通じて単独最多の通算54勝にあと1勝としているが、記録達成は札幌大会(1月13、14日)以降に持ち越しとなった。

    2017年12月28日 23時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集