文字サイズ

    強風でたびたび中断、原田さん「これが五輪」

     10日午後9時半すぎに始まった平昌五輪スキー男子ジャンプノーマルヒル決勝では、強風のため何度か競技が中断される場面があった。

     最後の選手がジャンプしたのは、日付が変わった午前0時20分。開始時点で氷点下8度だった気温はみるみる下がり、午後11時には氷点下10度まで下がった。開催時間のあまりの遅さにネット上では、「なんでこんな時間にやっているの」「寒いし、選手たちがかわいそう」「全然アスリートファーストじゃない」などの声があふれた。NHKの番組で解説にあたった原田雅彦さんは「これがオリンピックなんです」と話していた。

     時差のない韓国での開催にも関わらず、深夜の開催になったのは、ジャンプの人気が高い欧州の放送時間に合わせたためとみられる。

    2018年02月11日 00時37分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

    おすすめ

    日程・結果

    • メダル確定日
    • 競技実施日
    8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

    注目選手

    記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
    OARはロシアからの五輪選手
    日本の獲得メダル 3 5 3
    国別メダル
    1 norノルウェー 13 11 9
    2 gerドイツ 12 7 5
    3 canカナダ 9 5 7
    9 kor韓国 4 3 2
    10 jpn日本 3 5 3

    2/22 15:12

    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら