文字サイズ

    小野塚彩那HP3位…フリースタイルスキーW杯

    • フリースタイルスキー女子ハーフパイプ決勝で3位に入った小野塚(右)(米コロラド州スノーマスで)=田中潤撮影
      フリースタイルスキー女子ハーフパイプ決勝で3位に入った小野塚(右)(米コロラド州スノーマスで)=田中潤撮影
    • フリースタイルスキー女子ハーフパイプ決勝で3位に入った小野塚(米コロラド州スノーマスで)=田中潤撮影
      フリースタイルスキー女子ハーフパイプ決勝で3位に入った小野塚(米コロラド州スノーマスで)=田中潤撮影

     フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は12日、米コロラド州スノーマスで男女ハーフパイプの決勝が行われ、女子は小野塚彩那(石打丸山ク)が87・00点で3位に入った。

     渡部由梨恵(白馬ク)は1回目で転倒して左肩を負傷し、8位。キャシー・シャープ(カナダ)が今季2勝目、通算4勝目を挙げた。

     スノーボードW杯の男女スロープスタイル決勝では、男子で15歳の国武大晃ひろあき(STANCER)が83・64点で2位となり、大久保勇利(ムラサキスポーツ)が6位。女子は、16歳の岩渕麗楽れいら(キララクエストク)が76・48点で2位となった。

    2018年01月13日 10時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集