文字サイズ

    羽生、今季のフリー発表…4回転ジャンプ5本

    • 氷上で新プログラムの練習をする羽生結弦=竹田津敦史撮影
      氷上で新プログラムの練習をする羽生結弦=竹田津敦史撮影
    • 4回転トゥーループのジャンプを行う羽生結弦(8日)=竹田津敦史撮影
      4回転トゥーループのジャンプを行う羽生結弦(8日)=竹田津敦史撮影
    • 4回転サルコー+3回転トゥーループのジャンプ練習をする羽生結弦(8日)=竹田津敦史撮影
      4回転サルコー+3回転トゥーループのジャンプ練習をする羽生結弦(8日)=竹田津敦史撮影
    • 五輪に向けて氷上練習を行う羽生結弦(8日)=竹田津敦史撮影
      五輪に向けて氷上練習を行う羽生結弦(8日)=竹田津敦史撮影

     【トロント(カナダ)=永井順子】2018年平昌ピョンチャン冬季五輪の開幕まで、あと半年。

     フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を目指す羽生結弦(ANA)が8日午後(日本時間9日未明)、練習拠点のトロントで練習を公開し、五輪シーズンとなる今季のフリーで「SEIMEI」を再び演じると発表した。

     映画「陰陽師おんみょうじ」の曲をアレンジしたプログラムで、2015~16年シーズンにも使用し、世界歴代最高得点を2度塗り替えている。演技構成は、4回転ジャンプを昨季より1本増やして計5本入れる予定。

     ショートプログラム(SP)も14~15、15~16年と2季使ったショパン作曲の「バラード第1番」を滑ると発表済みで、SP、フリーともに再演となる。羽生は「どちらも自分に合ったプログラムで、滑っていて心地がいい。(五輪で)連覇したい気持ちはある。代表に選ばれたら、金メダル目指してしっかりやっていきたい」と意気込んだ。

     来年2月9日開幕の平昌五輪は、同25日までの17日間行われる。

    2017年08月09日 22時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと