文字サイズ

    平昌出場権、北朝鮮ペアが初の獲得…日本は逃す

     【オーベルストドルフ(独)=風間徹也】ドイツのオーベルストドルフで29日に行われたフィギュアスケートの平昌ピョンチャン五輪予選を兼ねたネーベルホルン杯で、ペアでショートプログラム(SP)5位のリョム・テオク、キム・ジュシク組がフリー6位、合計6位に入り、北朝鮮の選手として初の同五輪出場権を獲得した。

     須藤澄玲すみれ(神奈川ク)、フランシス・ブードロオデ(カナダ)組は五輪出場権を得られなかった。

    2017年09月30日 08時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!