文字サイズ

    法大の五輪壮行会、急きょ非公開「指針に抵触」

     平昌ピョンチャン冬季五輪の開幕を前に、日本代表選手の学生と卒業生を激励しようと、法政大学(東京都)が15日開催した壮行会で報道陣などへの公開が急きょ取りやめになった。

     これまで五輪代表選手の壮行会は公開していたが、同大は「競技団体の関係者から指摘を受け、日本オリンピック委員会(JOC)の指針に抵触すると判断した」と説明している。

     JOCによると、五輪のロゴマークなど知的財産を宣伝目的で利用できるのは原則、スポンサーに限定され、壮行会を一般公開できるのはスポンサーと自治体、競技団体だけだという。

     法大では当初、アイスホッケー女子日本代表の床秦留可とこはるか選手(3年)ら3人の壮行会を報道陣に公開して開催する予定だった。だが、各地の学校で非公開とする事例が相次いでいると知り、15日になって公開をやめた。

    (ここまで359文字 / 残り318文字)
    2018年01月16日 09時58分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ

    おすすめ

    記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
    OARはロシアからの五輪選手
    日本の獲得メダル 2 5 3
    国別メダル
    1 norノルウェー 11 9 8
    2 gerドイツ 10 6 4
    3 canカナダ 6 5 6
    9 kor韓国 3 2 2
    10 jpn日本 2 5 3

    2/19 23:29

    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら