文字サイズ

    パラリンピックのメダル候補発掘、6人が合格

     日本スポーツ振興センター(JSC)は7日、2020年東京パラリンピック以降に向けて初めて行ったメダル候補選手の発掘事業で、6人(男子4人、女子2人)が合格したと発表した。

     陸上、パワーリフティング、ボッチャの3競技で、各団体で指導と育成を行う。JSCは15~39歳を対象に参加者を募り、55人の応募があった。昨年11月の1次選考を経て1、2月に競技適性を審査した。

    2017年03月07日 19時21分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP