文字サイズ

    五輪マラソン、新国立発着…東京マラソン参考に

     2020年東京五輪のマラソンコースについて、大会組織委員会は22日、新国立競技場(東京都新宿区)を発着とし、東京マラソンのコースを参考に決定することで、国際陸連と調整に入っていることを明らかにした。

     来年3月にも正式承認される。

     発着地点を新国立競技場とすることについては、招致時の立候補ファイルで提案されていた通りとなった。また、東京マラソンは07年から毎年行われ、警備の安全性や関係団体との調整がスムーズであることに加え、東京の名所を通るルートが評価されている。国際陸連の担当者が来年2月の東京マラソンを視察する。組織委の室伏広治スポーツ局長は、「(東京マラソンの)過去の実績が大きい。日本を見せるという意味でもいいコースだ」とした。

    2017年08月23日 09時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP