文字サイズ

    瀬古リーダー、五輪選考「夢あるランナー期待」

    • MGCのロゴマークを背に、代表選考への期待を語った瀬古リーダー
      MGCのロゴマークを背に、代表選考への期待を語った瀬古リーダー

     27日開催の北海道マラソンから始まる2020年東京五輪マラソン代表選考を前に、日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダーが23日、都内で記者会見を開き、「いよいよ我々の夢の始まり、スタートです。夢のあるランナーが出てくるよう期待したい」と思いを語った。

     19年9月以降に行われる、男女代表のうち各2人を決める選考レースの正式名称は「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」に決定。残り各1枠はMGC終了後に行われる「MGCファイナルチャレンジ」(男女各3大会)の記録最上位者を優先的に選考する。北海道マラソンをはじめ、MGC出場権を争う国内指定選考会「MGCシリーズ」で権利を得た選手は日本代表候補と位置付けられ、陸連が海外レース派遣などの支援を行う方針も示された。

    2017年08月24日 10時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP