文字サイズ

    鈴木大地・スポーツ庁長官、東京五輪まで続投へ

    • 鈴木大地氏
      鈴木大地氏

     今月末に任期満了となるスポーツ庁の鈴木大地長官(50)について、政府が2020年東京五輪・パラリンピックまで続投させる方針であることが27日、関係者の話で分かった。

     近く発表される。

     鈴木氏は1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎ金メダリストで、日本水連会長などを歴任。2015年10月に発足したスポーツ庁の初代長官に就任した。昨年10月には東京五輪・パラリンピック以降も見据えた競技力向上の支援方針「鈴木プラン」を発表した。

    2017年09月27日 14時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP