文字サイズ

    五輪マスコット3候補公表、小学生投票で決定へ

    • 東京2020マスコット・ア案(左・五輪、右・パラリンピック)
      東京2020マスコット・ア案(左・五輪、右・パラリンピック)
    • 東京2020マスコット・イ案(左・五輪、右・パラリンピック)
      東京2020マスコット・イ案(左・五輪、右・パラリンピック)
    • 東京2020マスコット・ウ案(左・五輪、右・パラリンピック)
      東京2020マスコット・ウ案(左・五輪、右・パラリンピック)

     2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、大会マスコットの最終候補3作品を公表した。

     11日から全国の小学生が学校のクラス単位で投票し、多数決で決定する。小学生による選考は五輪史上初めてという。結果は来年2月28日に発表される。

     3作品は、それぞれ五輪とパラリンピックのマスコットがペアになっている。組織委に一般から寄せられた計2042作品の中から選出され、商標調査などを2か月かけて行った。市松模様をあしらったキャラクター(ア案)や、招き猫やキツネ、こま犬(イ案)、キツネやタヌキ(ウ案)がモチーフになっている。

     投票には7日午前の時点で、47都道府県と海外の日本人学校を合わせて4150校が参加する予定。全国には小学校が約2万校、約28万学級あり、今後も参加を受け付ける。組織委は「できるだけ多くの学校に参加してほしい」と呼びかけている。

    2017年12月07日 11時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP