文字サイズ

    若手台頭に焦り、妨害行為繰り返す…カヌー選手

    • 厳しい表情で記者会見に臨む日本カヌー連盟の成田昌憲会長(右)と古谷利彦専務理事
      厳しい表情で記者会見に臨む日本カヌー連盟の成田昌憲会長(右)と古谷利彦専務理事

     日本カヌー連盟は9日、東京都内で記者会見を開き、今年度の男子代表に名を連ねていた鈴木康大やすひろ選手(32)がライバル選手の飲料に禁止薬物を混入したり、道具を盗んだりする妨害行為を繰り返していたと発表し、理事会と総会に鈴木選手の除名を提案することを決めた。

     2020年東京五輪の代表入りを目指していた鈴木選手は、若手の台頭に焦り、妨害行為を重ねていたという。

     発表によると、鈴木選手は昨年8月中旬、海外遠征中にインターネットで筋肉増強効果のあるステロイドの錠剤を購入。9月に石川県小松市で開催されたスプリントの日本選手権に持ち込むと、200メートルカヤックシングルが実施された同月11日、砕いた錠剤をレース前に日本代表の小松正治選手(25)の飲料ボトルに混入した。小松選手はレース後のドーピング検査で陽性反応を示し、暫定的な資格停止処分となった。

    (ここまで376文字 / 残り648文字)
    2018年01月10日 07時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP