文字サイズ

    宇野、男子SP2位…カーリング男子は「銀」

    冬季アジア大会特設ページはこちら
    • 男子SPで2位発進となった宇野昌磨(24日)=武藤要撮影
      男子SPで2位発進となった宇野昌磨(24日)=武藤要撮影

     冬季アジア札幌大会は第6日の24日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(中京大)は92・43点で2位につけた。

     無良崇人(洋菓子のヒロタ)は90・32点で4位。フリースタイルスキーの男子デュアルモーグルは堀島行真いくま(中京大)が金メダルを獲得し、原大智だいち(ジョックス)が2位。バイアスロン男子12・5キロ追い抜きは立崎たちざき幹人みきと(自衛隊)が制した。

     ノルディックスキー距離のリレーでは、男子30キロ、女子20キロでいずれも日本が金メダル。ジャンプ男子個人ラージヒル(HS137メートル、K点123メートル)は中村直幹なおき(東海大)が優勝した。カーリング男子決勝は、日本(SC軽井沢ク)が中国に4―11で敗れて銀メダルだった。

    2017年02月24日 21時59分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP