文字サイズ

    宇野昌磨が逆転優勝、日本の金メダル27個に

    冬季アジア大会特設 ページはこちら
    • 閉会式で笑顔を見せるアイスホッケー女子日本代表の選手たち(26日、札幌市南区で)=武藤要撮影
      閉会式で笑顔を見せるアイスホッケー女子日本代表の選手たち(26日、札幌市南区で)=武藤要撮影
    • 男子シングルで優勝した宇野昌磨(26日)=武藤要撮影
      男子シングルで優勝した宇野昌磨(26日)=武藤要撮影

     札幌市と帯広市を舞台に開かれた第8回冬季アジア大会が26日、幕を閉じた。

     今大会には過去最多の32か国・地域から選手・役員約2000人が参加。日本の金メダルは、前回アスタナ・アルマトイ大会の13個を大きく上回り、第1回札幌大会の29個に次ぐ27個で1位となった。次回大会は中国での開催が検討されている。

     最終日はフィギュアスケートの男子フリーで、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が188・84点で1位となり、合計281・27点で逆転優勝した。この種目での日本勢の金メダルは、2003年青森大会の本田武史以来。SP4位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)は合計263・31点で4位だった。

     フリースタイルスキーのモーグルは、男子で堀島行真いくま(中京大)、女子で村田愛里咲ありさ(行学学園教)が優勝した。堀島はデュアルモーグルとの2冠。ノルディックスキー距離の女子15キロフリー(マススタート)は小林由貴(岐阜日野自動車)、男子30キロフリー(同)はレンティング陽(チームアキラ)が制し、リレーを含めて小林は4冠、レンティングは3冠に輝いた。

    2017年02月26日 20時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    2018年を彩るカレンダーをプレゼント!