文字サイズ

    デフリンピック閉幕…日本、最高のメダル27個

    • デフリンピックの閉会式では、金メダルを獲得した女子バレーボール日本代表など大会回顧の映像も流れた(トルコ・サムスンで、荒井秀一撮影)
      デフリンピックの閉会式では、金メダルを獲得した女子バレーボール日本代表など大会回顧の映像も流れた(トルコ・サムスンで、荒井秀一撮影)

     【サムスン(トルコ)=荒井秀一】聴覚障害者の国際スポーツ大会、第23回デフリンピック夏季大会は30日、全競技を終了、閉会式が行われた。

     参加国・地域の国旗がステージに登場し、大会回顧の映像も流れた。開会式同様、司会者の言葉を手話で通訳して大型スクリーンに映し出す、デフリンピックならではの配慮も見られた。

     日本は過去最高のメダル27個(金6、銀9、銅12)を獲得。開会式で旗手を務めたサッカー男子の古島啓太(シャープエンジニアリング)は「今大会でデフリンピックの知名度はますます上がったと思う。4年後に向け、さらに盛り上げていきたい」と語った。

    2017年07月31日 10時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP