文字サイズ

    可能性は無限、聖火リレーがスタート…平昌パラ

    • ソウルで開かれた平昌パラリンピックの聖火セレモニー(3日午後)=飯島啓太撮影
      ソウルで開かれた平昌パラリンピックの聖火セレモニー(3日午後)=飯島啓太撮影

     【ソウル=岡部雄二郎】韓国で9日開幕の平昌ピョンチャンパラリンピックの聖火リレーが3日、ソウルで始まった。

     市内のオリンピック公園を出発した第1走者は、障害者テニス選手として活躍したイ・ヨンノさんと、下半身まひの人の歩行を補助する装置を開発したコン・ギョンチョルさんが務めた。バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストの(キム)ヨナさんもリレーに加わった。

     約80キロ・メートルに及ぶリレーでは、無限(∞)の可能性の象徴とされる数字の「8」にちなみ計800人が走ることになっている。

    2018年03月03日 21時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら