文字サイズ

    新田のんの、仕上がりに手応え…現地で練習

     【平昌(韓国)=荒井秀一】平昌パラリンピックに臨むバイアスロン日本代表が7日、現地のアルペンシア・バイアスロンセンターで練習を行った。

     参加したのは佐藤圭一(エイベックス)、出来島桃子(新発田市役所)、新田のんの(北翔大)ら。座位で出場する新田は、シットスキーに乗り、力強いストックワークでコースを周回、経験の浅い射撃でも高確率で的に当て、仕上がりの良さを感じさせた。札幌市出身の21歳。パラリンピック初出場となる新田は、射撃について、「夏からずっと土日も休まないで練習してきた。その成果が出ていると思う」と明るい表情で語った。

     バイアスロンは距離スキーより先に、10日から競技がスタート。距離スキーと掛け持ちの選手が多いため、まずは初日の出来が注目される。滝沢明博・バイアスロンヘッドコーチも「波に乗れるというところで、一番大事になる」と話している。

    2018年03月07日 22時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら