文字サイズ

    助けたい拒まれても

    •  高齢者の増加に伴い、地域包括支援センターに寄せられる相談件数は増え続けている。2008年度は全国で707万件だったが、13年度は1.5倍の1076万件となり、センターの人員不足も表面化している。 大阪市は、高齢者1万人に1か所の割合で66か所設けており、14年度に寄せられた相談は計29万件。同年度の各センターの活動報告書を見ると、「町会未加入のマンションで高齢者の孤立化が進んでいる」「支援を試みたが、一度も会えないまま自宅で亡くなった」など、見守りや支援の難しさを挙げたものが目立った。
       高齢者の増加に伴い、地域包括支援センターに寄せられる相談件数は増え続けている。2008年度は全国で707万件だったが、13年度は1.5倍の1076万件となり、センターの人員不足も表面化している。 大阪市は、高齢者1万人に1か所の割合で66か所設けており、14年度に寄せられた相談は計29万件。同年度の各センターの活動報告書を見ると、「町会未加入のマンションで高齢者の孤立化が進んでいる」「支援を試みたが、一度も会えないまま自宅で亡くなった」など、見守りや支援の難しさを挙げたものが目立った。

    ◇訪問どこまで行政が模索

     大阪市都島区の住宅街にあるアパート。3月4日、市の高齢者支援拠点「地域包括支援センター」の山口理佐子(42)が訪ねると、秋乃(80)(仮名)は初めて弱音を漏らした。

     「行くとこ、ないねん」

     秋乃は約30年間、アパートの住み込みで管理人をしてきたが、1月、草抜き中に腰を痛め、ほとんど動けなくなった。管理業務が困難になり、退去せざるを得なくなったという。

     アパートの住人から「様子がおかしい」と聞かされて電話した時、「支援はええよ」と拒んでいた。だが実際には、トイレに行かなくて済むよう、水を飲むのさえ我慢していた。

     山口が「施設に移りませんか」と促すと、秋乃はうなずいた。ただ、貯蓄も年金も少ないため、使える施設は限られる。そもそも秋乃は、介護保険の利用申請さえしていなかった。

     「退去まで時間がない。なぜもっと早く、相談してくれなかったのか」。山口の顔に焦りがにじむ。

     高齢者福祉の分野では最近、「アウトリーチ」という言葉が盛んに使われる。本人からの求めがなくても、住民や民生委員からの情報をもとに積極的に訪ねて援助することを指す。高齢者は「福祉の世話になりたくない」「恥ずかしい」と考えがちだからだ。

     訪問しても拒まれ、深刻な事態になるケースもある。「相手との距離やタイミングの取り方にいつも悩む」と、山口の同僚の竹越直子(42)は明かす。

     昨年11月、「部屋がごみであふれている」と知らされ、女性宅を訪ねた。ドア越しに呼びかけると、「出られへん」の声。「顔だけでも見せて」と1時間粘ったが、だめだった。

     翌日も足を運び、家の前で呼びかけると、声が聞こえた。その3日後、玄関に新聞が残ったままで、何度呼んでも返事はなかった。119番し、救急隊が鍵を壊して家に入ると、脳梗塞で動けなくなっていた。

     今年2月には、別の女性の近隣住民から「テレビの音が昼も夜もずっと聞こえる。ごみ捨てにも出てこない」と連絡が入った。

     女性は介護サービスの利用を拒み続け、昨年12月に訪れた時も「お父ちゃんが残してくれた家や。ここで死体になる」と言って聞かなかった。119番して家に踏み入ると、女性は亡くなっていた。

     もっと頻繁に通い、地域の見守りも強化すべきだったのか。でも、見守りが「見張り」になりはしないか。それは本人が望むことだったのか。竹越は、答えを出せずにいる。

     アウトリーチに不可欠な住民の目さえ、届かない――。そんな危機に直面している地域もある。

     都市再生機構(UR)のマンションが立ち並ぶ堺市の泉北ニュータウン。自治会長と民生委員を兼務する伊吹肇(74)は「独居の高齢者が多いのに、どこに住んでいるのかすら把握できない」とため息をつく。

     集合ポストや玄関に表札のある部屋はほとんどない。空き家も増えた。どの部屋に人がいるのか、伊吹がURに聞いても、「プライバシー」「経営情報」を理由に教えてくれない。

     自治会の加入者を増やすため、チラシを作って呼びかけているが、会員は全約1500戸のうち、わずか44世帯。「そもそも、近所付き合いを望まない人が多い」と伊吹は言う。

     孤立死もたびたびあり、救急車の音が近づくと「こっちに来ないでくれ」と祈るのが習慣になった。

     「助けを必要とする人の存在に気付き、外部に支援を求めるには、まず地域がまとまらないとだめだ」

     伊吹はそう考え、地域包括支援センターなどと一緒に、初めての祭りを秋に開こうと準備を進めている。住民がつながる、その一歩にするために。(敬称略)

     

    2016年04月04日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大阪本社社会部から
    リンク