文字サイズ

    「代理投票」違憲訴訟、国が請求棄却求める

     自力で投票用紙に記入できない人を助ける「代理投票」で、補助者を投票所の係員に限っている公職選挙法の規定は「投票の秘密」を保障した憲法に違反するとして、大阪府豊中市の中田泰博さん(44)が国を相手に、希望する補助者に代筆してもらう権利があることの確認を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、大阪地裁であり、国側は請求の棄却を求めた。

     訴状によると、脳性マヒを抱える中田さんは昨年7月の参院選で、弁護士やヘルパーの代筆による投票を希望したが、豊中市選挙管理委員会は公選法の規定を理由に認めなかった。

     車いすで出廷した中田さんはこの日の口頭弁論で、「国から『あなたは主権者ではない』と認定されたようで苦痛を感じている。障害を理由に権利を奪わないでほしい」と意見陳述した。

    2017年05月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    大阪本社社会部から
    リンク