文字サイズ

    だんじりから組員締め出し神輿担がせず…岸和田

    • 昨年のだんじり祭。豪快な「やり回し」が披露された(大阪府岸和田市で)
      昨年のだんじり祭。豪快な「やり回し」が披露された(大阪府岸和田市で)

     秋祭りシーズンだ。16日には勇壮さで知られる「岸和田だんじり祭」(大阪府岸和田市)も始まる。そんな中、祭礼から暴力団を締め出す動きが各地で拡大している。従来の露店出店の禁止にとどまらず、組員が神輿みこしの担ぎ手などとして祭りに参加すること自体を禁じるようになったのだ。

     岸和田市で5月、岸和田だんじり祭のPRポスター4000枚に指定暴力団・神戸山口組組員が写り込んでいたことが明らかになった。ポスターは街頭に貼り出す予定だったが、不適切だとして回収された。

     写真は昨年の祭りを撮ったもの。組員はだんじりのひき手として実際に参加もしていた。祭りには、だんじりを持つ各町の住民らが子どもの頃から参加する習わしがあり、組員もある町の出身だったという。

     市には祭礼から暴力団を排除する条例があるが、努力義務にとどまっている。信貴芳則市長は6月、組員は祭りに参加させない考えを表明。条例に罰則を設けることも検討している。

    2017年09月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    大阪本社社会部から
    リンク