文字サイズ

    高校ビブリオバトル関西大会に23校が出場

     高校生がお気に入りの本の魅力を発表し、聴衆が最も読みたくなった本を投票で決める書評合戦「全国高校ビブリオバトル2017」(活字文化推進会議主催、読売新聞社主管)の関西大会が5日、大阪市北区の関西大梅田キャンパスで開かれた。

     近畿2府4県の23校の代表が出場。「百年法」(山田宗樹著、KADOKAWA)を紹介した兵庫県西宮市立西宮高校2年多田龍平さん(17)が優勝し、「マイナス・ゼロ」(広瀬正著、集英社)を取り上げた和歌山県立桐蔭高校2年堀内八衣乃(やえの)さん(17)が準優勝した。2人は来年1月28日に早稲田大(東京都)で開かれる決勝大会に出場する。

    2017年11月06日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    大阪本社社会部から
    リンク