文字サイズ

    介護施設職員が入所高齢者虐待…滋賀・守山

     滋賀県守山市の介護老人保健施設「シニアセンターティファニー」で、職員が入所者に「クソじじい」と暴言を吐くなどの虐待を繰り返していたとして、市が高齢者虐待防止法に基づく改善を要求していたことがわかった。県も施設の運営状況について監査を行っている。

     市によると、昨年12月に入所者が虐待を受けているとの情報が寄せられ、市が施設を調査。職員が「クソじじい」などの暴言を繰り返したり、本人や家族に無断でベッドに柵を設置して下りられないようにしたりしていたことがわかった。

     今年3月に施設を運営する同県野洲市の医療法人「翔英会」に改善を求め、同法人は4月に改善計画書を提出したが、市は内容が不十分として、再提出を求めた。

    2018年06月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    
    大阪本社社会部から
    リンク