文字サイズ
    

    ニュース

    • 閑静な住宅地の一角にある「アトリエ劇研」。かつては泊まり込みで稽古していた劇団もあった(京都市左京区で) 京の小劇場33年で幕…若手育てたアトリエ劇研(2017年08月16日)

       学生の街・京都で、小劇場演劇の拠点として33年間親しまれてきた老舗劇場「アトリエ劇研」(京都市左京区、約60席)が今月末で閉館することになった。学生演劇や若手劇団に安価な使用料で活動の場を提供し、劇作家・マキノノゾミさん(57)ら多くの演劇人を育てたが、所有者が高齢になり、存続が難しくなった。京都ではここ数年、200席以下の小劇場の閉館が相次いでおり、「創作の拠点が失われる」と惜しむ声が上がっている。(横田加奈) [全文へ]

    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    大阪本社社会部から
    リンク