文字サイズ
    第36回

    高校生部門 入選作品<その1>

    「16歳の主張」 本間菜月(青森県立弘前南高1年)

    【ツイート60】
     「16歳の高校生」・・ともなれば、他人に言えない悩みを持ち、心に闇を抱え込むものである。それでも伝えたい。自分の思いを。

    「本当の自分」 細田かおる(岩手県立黒沢尻北高3年)

    【ツイート60】
     化粧をした演劇部員を撮りました。鏡に半分だけ映る姿を撮りたいと思いました。鏡の中の彼と目が合うよう工夫しました。

    「仲良し」 並木達郎(群馬・新島学園高1年)

    【ツイート60】
     幼稚園の仲良しな2人組を撮りました。友情があふれ出ていました。

    「喪失」 中野雄翔(埼玉栄高1年)

    【ツイート60】

    1人の教室にあいつの声が響いた。彼は何を失ったのか。他を寄せつけぬ苛立ちの重い空気があいつを包む。憔悴があいつを追いかける。

    「いただく!」 山口愛可(千葉県立千葉商高2年)

    【ツイート60】
     太陽を私の中にとり入れて、太陽のように輝きたい!!

    「努力の結晶」 馬場崚太郎(新潟県立六日町高1年)

    【ツイート60】
     稽古に励み、かいた汗は1日の努力を物語っています。この力士の力強さが伝わればうれしいです。

    「休憩しながら影あそび」 大見さくら(愛知・光ヶ丘女子高2年)

    【ツイート60】
     友達と竹島で散歩。「写真撮る?」「うん」光の中でハイポーズ。

    「心・技・体」 西川司(岐阜県・関市立関商工高1年)

    【ツイート60】
     小学生の頃から体を強くするため少林寺拳法をやっている彼女。卒業を前に撮った写真に写った人は、すっかりたくましくなった1人の女性でした。

    「この浜に生きて」 山本康介(福井県立丹生高3年)

    【ツイート60】
     茨城県で働く人たちは、とても元気で、カメラを向けたら良い笑顔をしてくれました。

    「青い春で何が悪い!」木下葉月(福井県立丹生高3年)

    【ツイート60】
     社会で一時話題にもなった「壁ドン」。でも相手が好きな人じゃなかったら?その考えを写真につめました。まぁ、こうなりますよね。

     

     

    2015年01月27日 10時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP